• お問合せ
  • オーダーフォーム
  • 相談例
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
離婚に伴う住宅ローン
・離婚を考えているが、不動産の名義が夫婦各々で持分があり、まだ借入が残っている
・離婚を考えているが、購入当時収入合算でローンを借り(連帯債務者)まだ借入が残っている
・連帯保証人になっている(担保提供者)
・慰謝料代わりに担保不動産に住んでいたが、元夫が返済をしていなかったため競売手続きになった。
・離婚後、元配偶者が住宅ローンを払う約束で担保不動産に住んでいる (競売の可能性)
失敗しないポイント
ポイント① 離婚による住宅ローン問題は、離婚前に解決する
離婚後は、お互いに会いたくないと思うのが当然の事です、離婚前の手続で、解決の可能性は高くなります。
ポイント② 正確な内容を確認する
債務者、連帯保証人はどなたか(金融機関によって担保提供者として連帯保証人になっている場合、なっていない場合があります)債務残高はいくらか、売却金額は債務金額に足りるか、連帯保証人になっている場合はどうするか。
ポイント➂ 早く対応をする
離婚による住宅ローン問題は、お互いが協力できる時に早く対応をされた方が成功の確率が高くなります。
お互いに話もしたくない場合は、弁護士が代理人として対応していただく場合もあります。