• お問合せ
  • オーダーフォーム
  • 相談例
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
任意売却と競売の比較
項目 任意売却 競売
価格 高く売却できる可能性がある
債務を最大限少なくできる
全額弁済の場合も
残債を把握でき、生活の計画が立てやすい
価格は開けて見ないと分からない
最近では、物件によって高額な入札例も

引越費用 引越費用がでる場合が多い 基本的に引越費用は無い
立ち退かない場合、引渡し命令、強制執行の場合も
引越時期 買主と時期を相談できる
競売より早く引越をする必要がある
遅延損害金は少なくなる
競売の開札後、落札者との合意の時期まで住める(任意売却より長く住める)
遅延損害金は多くなる
プライバシー
精神的な負担
通常の売却と同じように手続できる
近所に競売という事が知られることが殆ど無い
自ら売却したという気持ちの楽さがある
前向きな生活がスタートできる
手続が進むと物件の公告で裁判所の掲示、ネットの公開、入札希望者が近所に尋ね回る事も
誰が落札するのか、今後どうなるのか長期に精神的な不安がある
残債 債権者と相談の上、計画的に弁済。債務が多い場合、自己破産の選択も 競売になっても債務は残る。遅延損害金も増え、個人では対応できない場合も
住み続けたい 買戻し・再生手続の可能性あり ※ご相談例参照 買戻しは価格が高くなり実際は不可能な場合が多い